Schoolテーブルコーディネーター養成講座

小林 暢世さん

丸山洋子先生のテーブルクリーエションに入った当初、憧れだけでテーブルコーディネートの知識は持っていませんでした。毎月の授業は新しい知識と感動が待っていましたが、特に実技はチャレンジと困難の連続でした。でも同期のみんなから温かいアドバイスと前向きな応援をもらって、少しずつ前進することができました。

ある時、将来の夢を紙に書く授業があり、「いつかフランスで和食のテーブルを教えてみたい」と書いたことがあります。以前仕事で行った事のある親日国のフランスで日本人としてこういう事ができたらいいな・・という漠然とした「夢」でした。

マスターコース受講中にテーブルコーデイネートを習っていると話したのがきっかけで「インテリアの仕事に興味はありますか?」と言われ、テーブルとインテリアは空間を創るという意味では一緒だからと丸山先生や淵本先生に思い切って電話して相談してみたところ、お忙しい中でも具体的なアドバイスをいただき、背中をぐっと押してくださいました。
そのおかげで「インテリアは未経験だけれどやる気を買う」と評価され美術系インテリアコーディネート事務所に入ることができました。

インテリアの知識や資格を手に入れるうちに、「暮らし」に関する仕事で人を幸せにしたいという気持ちに気付き、ハウスメーカーの住宅系インテリアコーディネーターに転職しました。
日本の文化やしつらえなど、テーブルクリエーションで得た知識をベースに「3年で独立してみせる」と知識と経験を積む事に集中しました。

多くのお客様に「貴女のおかげで本当にいい家を建てる事ができた」と泣いて喜んでいただいた事を自信に変え、今春「フランスで日本の食や住まいの空間コーディネート」業務を行うために自分の事務所を立ち上げました。
日本とフランスで活動しながら「人を幸せにしたい」というモットーを、これからも続けていこうと思っています。

まだまだ始まったばかりのビジネスですが、あの時、授業の時に書いた夢が、現実になろうとしています。テーブルクリエーションでの学びの時間は、夢をかたちにするための時間だったのだと感謝しています。

私は現在、起業塾にも通っていまして、「好きなことを仕事にしよう」と思う人もいれば好きなことってなんだろう・・と自分探しをしている人にも沢山出会いました。
TCに通っている受講生の多くも、好きなテーブルを仕事にしたいなと思っていらっしゃると思います。でも、好きなことはコレ、と思っていても、ためらってなかなか進めない人が沢山います。
好きなことを一生懸命やって失敗したら嫌いになりそうだから、できない、という人にも沢山出会いました。

丸山先生のクラスでは、毎回毎回がプレゼンテーションで。
そのたびに、自分は何がしたいのか、何を伝えたいのかということをシビアに突きつけられました。
毎回できていないと悩み、勇気を振り絞って、必死でした。できないから、学びに来ているのだと自分に言い聞かせ、挑戦した日々が、今の私を作っているのだと思います。
全力でチャレンジしていたから、チャンスがやってきて、チャンスが次のステージに連れて行ってくれました。いつの間にか夢がカタチになりつつあります。

ある人に言われたことがあります。
「死ぬ気でがんばれというのは、死んじゃうくらいがんばるってことではなくていつ死んでも悔いのないように生きなさいという意味だよ」と。

受講生の皆さんが、TCの仲間が、夢をカタチにできるよう、未来へのチャレンジを応援しています!!

 

生徒さんの声

Contact Us

お電話でのお問い合わせ
078-801-7818(月~金 10:00~19:00 土日祝定休)

Blog

ページの上部へもどる